遺品整理をする時に知っておきたい基礎知識

遺品整理のmainイメージ
精神的に余裕ができてから整理作業をします。故人が生前に整理している場合もありますが急に死亡された場合は遺品整理作業に困ることがあります

遺品整理をする時に知っておきたい基礎知識

故人が亡くなった場合に、想いでの品物をどのように片付けていいのか、仕分けすればいいのか処分に困るケースが増えています。

残された家族・相続人が対処できない場合もあります。

いわゆる遺品整理です。

こういった話題はまだまだ先のことと敬遠されがちですが、もしもの時の為にきちんとした知識をみにつけておきましょう。

亡くなられた故人の遺品を処分するものと残すものに仕分けるのですが、場合によってはリサイクルしたり、買取できたりするものもあります。

◇遺品整理とは?

通常は故人の葬儀後、すぐに遺品整理をすることは珍しいです。

初七日が終わって精神的にも余裕がでてきてから整理をする作業をします。

中には故人が生前に整理している場合もあります。

ですが急に亡くなった場合は遺品整理作業に困ることがあります。

処分するのですが、全て捨ててしまうわけではありません。

捨てる場合でも費用が発生するので、処分する遺品も適切な仕分けが必要です。

核家族化が進んでいますし、ご家族が同居していない場合も増えています。

高齢になっても敢えて一人で住むことを選択するケースもあります。

昔のような大家族での生活はレアケースです。

ご夫妻でお住まいでも配偶者が先に死亡されて身寄りがない場合は一人暮らしを余儀なくされます。

高齢化社会の中では周囲との交流が少ないと孤独死する高齢者も増加しています。

◇身寄りがない高齢者が急死した場合はどうなるの?

公団住宅や行政・不動産業者が遺品整理業者に遺品の片付けを依頼する状況も増えております。

そんな場合には遺品整理ネクストのような遺品整理士がいる業者に依頼することが普通です。

このエントリーをはてなブックマークに追加