遺品整理士と生前整理について

遺品整理のmainイメージ
残された遺品を一度に残された家族や相続人が整理すると大変な労力が必要。自分ならではの遺品整理の基準もある。

遺品整理士と生前整理について

遺品整理を業者に依頼するとお金もかかります。

また安心して作業をまかせて処分を依頼できるかどうかも不安です。

・【気になる記事】をピックアップ・・・遺品整理士から伝えたい、悪徳業者の見分け方?ニーズが高まる遺品整理業務

遺品整理士がどのような作業をするのか、そして生前整理という方法についても考えてみましょう。

◇遺品整理士とはどんな資格なの?

遺品整理はゴミとして処分するような印象かもしれませんが、故人の思い出が詰まっている品々です。

ゴミではなくて遺族は丁寧に扱ってもらいたいでしょう。

遺品整理業者が遺品整理をする場合には、心遣い・気配りが必要です。

中には女性スタッフ指定OKの場合もあります。

廃棄する場合の法律もあります。

最新の知識で迅速に遺品整理作業を進めるノウハウや高価な価値を査定する知識も必要になります。

こういった知識を持っていない業者が遺品整理をするとトラブルに為る場合もあります。

ご遺族からクレームになったり不満が募ります。

そこで鑑識眼と対応力を持ったプロフェッショナルを認定する「遺品整理士」と呼ばれる資格ができています。

遺品整理士認定協会が発行する資格です。

◇生前整理をしておくといいの?

最近は高齢の方々の意識が増えてきて、終活などの言葉も広まっています。

生きている間に生前整理をすることもあります。

美術品や貴重品はしっかりと自分で仕分けをするわけです。

人が死亡する場合は突然のことであることが多いです。

死亡したあと、残された遺品を一度に残された家族や相続人が整理すると大変な労力が必要です。

ご家族や遺品整理業者には判断できなくても自分ならではの遺品整理の基準もあるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加